家で、バーで、違った表情、個性を楽しんで美味しいカクテルを
ベストセレクト | ジン・ベース GIN | ウイスキー・ベース WHISKY | ブランデー・ベース BRANDY | ウオッカ・ベース VODKA | ラム・ベース RUM | ワイン・シェリー・シャンパン・ベース WINE SHERRY CHAMPAGNE | リキュール・ベース LIQUEUR | テキーラ・ベース TEQUILA | その他 etc. | 
プロフィール

カクテルバー

Author:カクテルバー
アルコール映画ビリヤードが大好き、愛煙家 次元大介《PALL MALL》をこよなく愛する管理人です。
大切な人との記念日にカクテルを振舞ってみては?
ヘミングウェイやチャーチルのように...

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カクテル・バー -MIXING DRINKS-
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
ご来店ありがとうございます


カクテルは酔うために飲む酒ではない!


そんな言葉を、バーテンダーの先輩に言われたことがあります。
確かに、酒を飲むなら酔わなきゃソン!!みたいな飲み方はカクテルにはふさわしくないと思いませんか?でも、中には甘口で口当たりのよいカクテルは、ついつい何杯もすすんでしまいがちです。自分の酒量を知って、ショートドリンクとロングドリンクを上手に組み合わせてピッチの調節のためにも、ある程度のカクテルの種類を知ってもらえる手段にしていただけたら幸いです。

カクテル(COCKTAIL)は、ミキシード・ドリンク(MIXIED DRINK)のすべてを指しているとも言われています。ミキシード・ドリンクとは簡単に言うと混ぜ合わせて飲むお酒の飲み方を言います。そのまま飲むお酒をストレート・ドリンク(STRAIGHT DRINK)といいます。
ですから、家にある材料のフルーツジュースや炭酸ジュースをお酒に混ぜるだけでも十分にミキシード・ドリンク=カクテルといえますので、自分の味覚に合った自分だけのカクテルを作るってみるのも楽しくていいと思います。

※紹介しているカクテル画像はポラをスキャナしたものなので、多少色あせているものもありますのでご了承ください。

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.11.05 Sun
モスコーミュール -Moscow Mule-
キックの強いモスクワのラバ
モスコーミュール
さわやかな飲み口と、キックの強さが特徴のオール・デイ・カクテル。個人的には可もなく不可もなくなカクテルでただ強いお酒という感じです。
「キック」という言葉通りです。
「キック」とは、アメリカのスラングで『飲むとすぐに酔う強い酒』という意味。
This cocktail has of kick in it. のように使われる。

誕生説
1940年ごろ、ハリウッドで生まれたカクテル。 『モスコーのラバ』の意味。
ミュールには馬鹿者という俗意もある。
カリフォルニアのワンダー・プアルモス・ホテルから流行しはじめたと言われている。
また、広く知られるようになったのは、アメリカのヒューブライン社が自社のミスノフ・ウオッカの拡販に使ってからとも言われている

材料&グラス
ウオッカ---------------------------------45ml
ジンジャー・エール------------------------適量
ライム-----------------------------------1/2個
タンブラーにキューブ・アイス(角氷)を入れ、ウオッカを注ぎ、ジンジャーエールを8分目くらいまで満たし、軽くステアする。最後にハーフカットのライムを絞り込む。

ジンジャービアがあれば、ソフトな口当たりになる。海外ではジンジャービアを使うほうが、スタンダードです。

ウオッカ・ベース VODKA    Comment(6)   TrackBack(3)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。