家で、バーで、違った表情、個性を楽しんで美味しいカクテルを
ベストセレクト | ジン・ベース GIN | ウイスキー・ベース WHISKY | ブランデー・ベース BRANDY | ウオッカ・ベース VODKA | ラム・ベース RUM | ワイン・シェリー・シャンパン・ベース WINE SHERRY CHAMPAGNE | リキュール・ベース LIQUEUR | テキーラ・ベース TEQUILA | その他 etc. | 
プロフィール

カクテルバー

Author:カクテルバー
アルコール映画ビリヤードが大好き、愛煙家 次元大介《PALL MALL》をこよなく愛する管理人です。
大切な人との記念日にカクテルを振舞ってみては?
ヘミングウェイやチャーチルのように...

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カクテル・バー -MIXING DRINKS-
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
ご来店ありがとうございます


カクテルは酔うために飲む酒ではない!


そんな言葉を、バーテンダーの先輩に言われたことがあります。
確かに、酒を飲むなら酔わなきゃソン!!みたいな飲み方はカクテルにはふさわしくないと思いませんか?でも、中には甘口で口当たりのよいカクテルは、ついつい何杯もすすんでしまいがちです。自分の酒量を知って、ショートドリンクとロングドリンクを上手に組み合わせてピッチの調節のためにも、ある程度のカクテルの種類を知ってもらえる手段にしていただけたら幸いです。

カクテル(COCKTAIL)は、ミキシード・ドリンク(MIXIED DRINK)のすべてを指しているとも言われています。ミキシード・ドリンクとは簡単に言うと混ぜ合わせて飲むお酒の飲み方を言います。そのまま飲むお酒をストレート・ドリンク(STRAIGHT DRINK)といいます。
ですから、家にある材料のフルーツジュースや炭酸ジュースをお酒に混ぜるだけでも十分にミキシード・ドリンク=カクテルといえますので、自分の味覚に合った自分だけのカクテルを作るってみるのも楽しくていいと思います。

※紹介しているカクテル画像はポラをスキャナしたものなので、多少色あせているものもありますのでご了承ください。

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.09.04 Mon
ジン&トニック -Gin & Tonic-
スポーツの後に似合う
     スッキリとした飲み口のカクテル

ジントニック

ジン・ベースのカクテルでももっともポピュラーなオール・デイ・カクテル。飲む際に、デコレーションのライムを搾ってグラスに入れると、よりさわやかさが増す。

誕生説
ジン&トニックなどの炭酸類を混ぜるカクテルを、ハイ・ボールという。
アメリカの鉄道会社で、乗客のノドの乾きを癒すために炭酸水を駅でサービスしていた。それを宣伝するために風船を上げていた、その風船をハイ・ボールと呼ばれ、これが名の起源といわれている。
わかりやすいものでは、コーク・ハイもこの一種。ベースを1/3、炭酸を2/3の割合が基準といわれる。

トニック・ウォーターは熱を冷ます効果があり、古くはイギリスの植民地でマラリア予防の保健飲料として飲まれていた。
そのためこのカクテルはスポーツの後などに飲むと、体のほてりを沈めてくれる。

材料&グラス
ドライ・ジン------------------------------------45ml
トニック・ウォーター----------------------------適量
シャトー・ライム--------------------------------1個
タンブラーにキューブ・アイス(角氷)を3~4個入れ、ドライ・ジンと、グラスの8分めぐらいまでトニック・ウォーターを注ぐ。デコレーションとしてライムをグラスの縁に飾りつける。

画像は、本格的に強めに作った下記のレシピです。
ドライ・ジン------------------------------------90ml
キューブ・アイス(角氷)3~4個を入れた大型タンブラーにジンを注ぎ、トニック・ウォーターを満たし、ライム・スライスとミントの葉を飾り、ストローを添える。現代の傾向としては、ライム1/4個を皮ごと絞り入れマドラーを添えるスタイルが多い。

ポイント
ステア不要!!
比重の軽いジンにトニック・ウォーターを入れると、発砲する勢いがステアの代わりになります。
このカクテルは冷やすほどおいしい。

ちなみに トニック・ウォーターは他のホワイト・スピリッツ類とも相性が良い。
ウオッカ----------------------------------《ウオッカ・トニック -Vodka & Tonic-》
ラム--------------------------------------《ラム・トニック -Rum & Tonic-》
テキーラ----------------------------------《テコニック -Tequonic-》

スポンサーサイト

ジン・ベース GIN    Comment(0)   TrackBack(2)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://cocktailbar.blog52.fc2.com/tb.php/14-532c9de0
二日酔いを緩和するチェイサー
大好きなカクテルに「ジントニック」があります。思い出のカクテルで、初めて渡米した日、マンハッタンの「フルムーン」というBarで一人乾杯したのが始まり。つたない英語で、言葉が通じたバーテンダーのおネィさんが勧めてくれました。この時の調合が「ビーフィータージン
ウォーターダイエット&ヘルスケア 2006.09.21 Thu 00:56
Tonic
ジョン・メデスキとビリー・マーチンとクリス・ウッドが本作で目論んだのは、バンドのルーツをかいま見ることと新境地に挑むことの両方だ。このエネルギッシュなライヴ盤は、メデスキの電子キーボードをまったく用いることなく、アコースティック・ピアノをフィーチャー
1-kakaku.com 2006.11.29 Wed 06:24

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。